2010年06月30日

誰でもできるダーナ

86be642532a99464.jpg

先日、お寺から頂いたもののなかにあった言葉をちょっと紹介します。

ダーナとは、仏教語で、「布施」(施し)のことで、法施(真実の仏法を伝え広める)・財施(金品を分かち合う)・無畏施(恐れを除き、癒しと勇気を与える)無財の七施(思いやり・ささえあうこころ)などに分かれます。

なかでも無財の七施は、いつでも、どこでも、だれでも、自分の出来る範囲で実践できるものであり、思いやりのある生き方を示すものです。

ダーナを行うにあたっては、「させていただいて、ありがとう」という気持ちを忘れないようにしましょう。



無財の七施


1・眼施(げんせ) [あたたかいまなざし]

2.和顔悦色施(わげんえつじきせ) [にこやかな表情]

3.言辞施(ごんじせ) [やさしい言葉]

4.身背(しんせ) [精一杯のおこない]

5.心施(しんせ) [慈しみの深いこころ]

6.床座施(しょうざせ) [人にあたたかい席を]

7.房舎施(ぼうしゃせ) [気持ちよく迎えるこころがけ]


できることからはじめて、ちっちゃな幸せを大切にしましょう。

accafae7b866133e.jpg


すべてのいのちの
つながりの中に
生かされている私

慈しみのこころ
支えあうこころ
助けあうこころ

いつでも
どこでも
だれとでも


さあ
私のできることから
はじめよう


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
0mcb

この記事へのTrackBack URL
http://sukkiri.area9.jp/tb.html/0106445