2010年01月30日

愛がガンを消した!?  奇跡は連鎖する

前日、てんつくマントークライブに行ってきました。

107+1天国はつくるものパート2ではものすごく感動して、バスタオルが必要なくらい泣きました。

そんな中で、高倉太郎さんが元カノのことを話しました。

そのドキュメントを書きます

高倉太郎さんメルマガより


〜愛で奇跡を起こそう〜

昨年の10月10日
ハタチから25まで、付き合っていた女の子から、突然メールがありました。


メールの内容は…

『私、あとわずかの命になりました。

これまでお世話になった方に今、感謝を述べてます』といったようなものでした。

翌朝、その子に電話をし、詳しいことを聞きました。

ショックと悲しみが僕の胸に突き刺さりました。


その痛みを、おもしろ授業の読者に訴えました。

読者の方の中に一緒に泣いて下さった方が何人もいらっしゃっいました。

『泣いてる場合じゃないです!なんとかしなきゃ!』と言って下さった方もありました。


その夜、
ひとりの仲間が
『元彼女のために、今出来ること、一緒にやりましょうよ』と肩を叩いてくれました。

僕はスイッチが入り、胸の痛みも消え、“やってやるぞ”という強い想いが体中に走りました。


翌朝12日のおもしろ授業にて、僕は全国の読者に呼びかけました。


『元彼女“由実さん”
癌で余命宣告を受けてます。

どうか皆様
由実さんにエールを送っていただけないでしょうか?

皆様、応援ハガキを僕まで送って下さい。それを持って、僕、由実さんにお見舞いに行きます。
“本気のお見舞い”に』


…………

わずか3〜4日で
100通以上の手紙や本やお守りやCD、沢山の品物が由実さん宛てに届きました。


“こんなに沢山の方が応援して下さるだなんて…日本って本当〜に素晴らしい国だ”


10月末
僕はこのプロジェクトを一緒に考えてくれた心友ファミリー(5人家族)と
全国から届いた愛を手に、“本気のお見舞い”に向かいました。


(11月に届いた物は心友ファミリーだけで行って頂きました。)


熊本赤十字病院

23年ぶりに由実さんに会いました。

会って由実さんに全国から寄せられた愛の品々を手渡しました。


心底感動される由実さん…
ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう…ありがとうが連発します。

由実さん、
癌のことを受け入れてましたが、余命宣告通り、迎えがくれば仕方ない
そう思っていたようですが、
全国から届いた愛のメッセージを読んでるうちに、

“生きなきゃ!
なんとしても生きなきゃ!何年かけてでも、全国の皆様に「ありがとう」を伝えなきゃ!”
そう生きる決意をされました。


そして由実さんは行動に出ました。

退院して社会復帰しよう

少々苦しくても、痛くても仕事をしよう

私自身が輝く場所へ戻ろう

病院は病気を作るところ
病棟は病気を育てるところ

自分で作った癌だから
自分で癌を無くせばいい…


そう由実さんにスイッチを入れて下さった全国からの愛のメッセージ。



そして…





奇跡は起きました。



退院後一ヶ月


全身をむしばんでいた
肉腫


全て消えました。


皆様の愛が奇跡を起こして下さったのです。


“ありがとう”って言葉に癌は弱いんです。


由実さん、毎日何十回も
何百回も“ありがとう”を声に出したとか。



12月20日
僕の講演会に由実さん、
元気な姿で皆さんの前に立たれました。


全国から寄せられた手紙や品物、また本気のお見舞いの様子のフォトムービーを流した後、由実さんから
感謝のご挨拶が。


〜奇跡は連鎖する〜


12月20日
一番前の席に腰掛けられ
由実さんの話を聞く男性。

林一郎さん


こちらの方
脳腫瘍が脳に五つ



この日
由実さんからのお話や
杉浦貴之さん
森源太さん
さときちさん
ケン4ロックさんの唄に
感動感激され


わずか二週間後

五つあった腫瘍が二つ消えたのです。


僕はあと三つ消すために
またまた全国の読者様に
応援をお願いしました。


今、僕の手元に約200通の愛が届いてます。


中には
小児癌と闘う将くん(6歳)からの可愛らしい象さんの絵も。


そして今日
その愛を届けに
“本気のお見舞い”に行ってまいります。

僕と
全国の皆様の愛の力で
奇跡をお越します!


高倉さん、本当にありがとうございます!

高倉太郎さんのメルマガは、
陽転思考のワクワク先生 おもしろ授業
00538608s@merumo.ne.jp

どうですか?ガンになってもすばらしい特効薬があります。

けっしてあきらまないことです。

posted by 院長 at 09:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
香織さん

お母様を大事にしていらっしゃるのがよくわかります。

私事ですが、私が35歳の時、父親は他界いたしました。
父親は64歳でした。
父親が亡くなるとき、やはり僕も香織さんと同じ気持ちでした。

お母様の奇跡を信じながら、一生懸命にしてやればいいのではないでしょうか。

私も父親の死は辛いものでした。

しかし、死は必ず訪れるものだから、いつまでお母様が生きてるかはわからないが一生懸命にしてやればよいのではないでしょうか。

なんの手ほどきもできませんが、申し訳ございません。
Posted by マック at 2015年04月19日 22:30
わたしの母も末期ガン、もう食事もお手洗いも自分では
できません、寝たきりです。
あと2週間くらいでしょう、と言われました。

けれど、いろいろな人が見舞いに来て 力強く手を
握っています。
母はもう78歳、奇跡を起こすのは無理なんでしょうか。
でも信じたい気持ち、見捨てられない気持ち、そして
苦しませたくない気持ちがあり毎日辛いです。
Posted by 韮沢香織 at 2015年04月19日 09:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
yb2c

この記事へのTrackBack URL
http://sukkiri.area9.jp/tb.html/0090797