2013年12月10日

すぐに改善を体感した、患者様が載せているブログをアップしました。

まちブログさがのオーナーである小渕社長さんの体験談です。

小渕社長は、さくらマラソンに出場するために、毎日5km〜10kmを走っていて、突然痛みが出だし、徐々に痛みが広がり、歩くのも困難な状況にまで至っていました。

足を見ると足の甲から全体に浮腫んで腫れ上がっていました。

これは、以前に捻挫かなにかをして、足首の骨がわずかにずれているのが原因です。

小渕社長自体元々陸上競技の短距離選手で、おそらく、長距離を走っているフォームが短距離のフォームで走っていた影響だと考えました。

短距離の選手は主にふくらはぎの筋肉に負荷がかかり、ふくらはぎの筋力によりパワーを生み出します。(ほかの筋肉も関係します)
しかし、長距離をする方がふくらはぎの筋肉を使うと疲労が溜まってしまいます。

疲労が溜まることによって筋肉は収縮します。

筋肉が収縮することにより、小渕社長の場合、足首の骨が若干ずれていることもあって、リンパの流れが滞り、浮腫が発生し、痛み信号が出るようになりました。

この場合、足首のズレを矯正し、ふくらはぎの筋肉を緩めるポイントで今回の施術は改善しました。

もちろん、骨盤のゆがみ、骨格のゆがみも取りました。

下記のURLから、小渕社長の体験談を見てください。


http://area9.co.jp/article/0187132.html




痛みや張りが出るのは、必ず原因があります。

その原因を取り除けば解消いたします。
posted by 院長 at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | お客様の声
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
08ji

この記事へのTrackBack URL
http://sukkiri.area9.jp/tb.html/0187152