2013年11月23日

来院した患者様が腰痛・肩こり・膝痛の原因は何?

腰痛.gif

今日の患者様は70歳の女性で、先週から左の腰、右の肩、両膝が痛いと言って来院されました。

パッとみた瞬間、「胃の調子が悪くない?」と患者様に聞いたら、「最近、自分の息が臭く感じるんですよ。」

胃が弱っていたり胃が悪くなっていると、大胸筋鎖骨部(鎖骨から腕に向かってある筋肉)に影響していることが多く、筋肉が収縮し力が弱くなっています。こういった症状はストレスによる感情障害から起こることが多い。



また、経絡では小胸筋が胃経と関連付けられているため小胸筋が収縮すると肩が前方に引っ張られるために前かがみになります。

小胸筋の下には神経と血管の束が走っていて、小胸筋が緊張すると小胸筋と胸郭の間で締め付けられ、肩関節に痛みやコリを生ずることがあります。

肩に痛みやコリがある方は胸鎖乳突筋(耳の後ろから鎖骨に向かっている筋肉)も過緊張していることが多い。

胸鎖乳突筋は精神的外傷や感情障害でも過緊張を起こしやすい。

70歳の女性患者様は、いろんな人に気を使う方でそれが影響して、肩こりが起き、上記に書いた筋肉が収縮し中・下部増帽筋を引っ張り緊張したことが原因で、腰痛が発生した。

この腰痛が原因で、両膝に患ったと考えています。

最後は簡単に書きましたが、腰痛は腰からだけでなく、いろんな症状が絡み合ってきています。

posted by 院長 at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
i10n

この記事へのTrackBack URL
http://sukkiri.area9.jp/tb.html/0186582