2012年07月23日

2012年7月22日来院のS.U.様の声

DSCF4649.jpg

DSCF4650.jpg

S.U.様 56歳 バス運転士  腰痛

今までいろんな整骨院や外科などに行きましたが、しっかりした説明がなかったので、不安が残り心配していました。
外科治療は、投薬、電気、整骨院では、マッサージ、電機で何回行っても良くなりませんでした。当院をを利用させてもらったところ、良く説明していただき、不安が大部解消しました。
他の治療は腰だったら腰だけで、身体全体をもてもらわない対処療法で不満がありましたが、当院の先生は、腰が痛いと診てもらったところ、肩や足、身体全体を診てもらって、1回の治療で、かなり痛みが軽減しました。
腰の不安が大部楽になりました。
身体全体を診てもらったこと、十分な説明を受けたこと、患者にとって一番大事なことをしていただいて感謝しております。
ありがとうございました。



S.U.様は、6月28日に腰痛を患い、病院の診断は「筋筋膜性腰痛症」と診断されましたが、症状はひどくなるばかりで、7月4日「神経障害性神経痛」と病院に診断され入院。
その後も一向に改善する見込みがなく、当院に来院されました。

ちょうど、セミナー終了間際に見えられたので、受講生もS.U.様が歩行困難であったことを把握していました。

施術が終わって帰るときは笑顔で帰られ、今日は奥様を連れて見えられました。

今回の腰痛は、腰椎の4番5番から仙骨にかけて痛みがあり、歩行と立ち上がるとき前屈、後屈で痛みが出ます。
いろんな筋肉の収縮が原因ではありますが、広背筋に大きなポイントがあり、広背筋を緩めるポイントで、ほとんどの腰痛の痛みが消失しました。

今回のテクニックは動体療法のテクニックを使用しました。
posted by 院長 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お客様の声
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
qc2h

この記事へのTrackBack URL
http://sukkiri.area9.jp/tb.html/0162484